男の子を育てていて感じること

私は男の子を二人育てています。

一般的には、男の子の子育ては女の子の子育てよりも

  • 大変
  • しんどい
  • いうことを聞かなくて疲れる

といったイメージがあるかと思います。

ですが、私自身が今子育てをしていると、決して一概にそうも言えないんじゃないかなと思ったりもしています。

なぜなら、うちの男の子たちは比較的おとなしくて言うことを良く聞きます。

腕白な要素はあまりなく、インドア派なので、外で走り回るというよりは、家の中で絵本を読んだり、テレビを見たりしています。

テレビを見るのもインターネットをするのも大好きで、YouTubeや動画配信サービスを良く見ています。

外で遊ぶことで学ぶことも多いと思うのですが、わが子の場合は、ipad で勉強したり、そうしているうちに日本地図は全て言えるようになりました。

はたまた、お友達の女の子の方がやんちゃな女の子で常に外で走り回っていたり、活発な性格だったり、言うことをあまり聞かなかったりとあり、性別って関係ないんだねと話したりもしています。

男の子と女の子どちらも育てててみたいという気持ちや、女の子が欲しいなという気持ちも少しはありますが、妊娠をするのは難しいし、ましてや産み分けというのはとても難しいことだなと感じます。

子供を一人うむのにもたくさんのお金がかかりますし、産むだけじゃなく教育や日常には一人増えるだけでお金はかさみます。

次、必ず女の子が生まれるという保証もないので、我が家はおとなしい男の子二人の四人家族という形がいいのかなと思っています。

友人の中には男の子二人いて、女の子が諦めきれないと、病院に行き産み分けをする人もいますが、それでも女の子が生まれる保証もないですよね。

保育園に通っていますが、3兄弟って本当に多く見かけます。

そして、あ、女の子が欲しくて頑張ったのねという目で見られているのが何だか哀れで、自分だったら耐えられないと思います。

確実に100%女の子だって保証があれば考えちゃうかもしれないですね。

でも、我が家は男の子の子育ても楽しくやっていますので、これからもこの時間を大切にしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です